”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

新紙幣について考えること

こんばんは!investor99です。

昨日、今日と新紙幣に関するニュースが多いですね。
 
 
新紙幣に関して、こんな記事が出てました。

私はこの意見には賛同できないです。

このように考える理由は2つあります。

1つ目が現金志向の強さです。

現在キャッシュレス化が進んできていますが、現金志向は強いと思います。

現にセブン銀行の例ですが、ATMの台数は増えてきています。

またまだまだ日本では現金しか使えないところも多くあります。私も電子マネー中心に決済していますが、現金しか使えないところも多いため必ず現金は持っています。強いて言うならATMに行く回数が減ったくらいです。

 ATM設置台数

出典;サービス状況データ | セブン銀行

若者はキャッシュレスに抵抗がないかもそれませんが、やはりまだまだ現金志向は残りでしょう。

 

2つ目がキャッシュレスを行うための媒体の浸透率です。

キャッシュレスの媒体として用いられことが多いのが、スマートフォン交通系電子マネーだと思われます。

現在多くの人がスマートフォンを所有していると思いますが、下のグラフでもわかるように高齢者で持ってない方は多いです。さらに地方に住んでいて電車に乗ることがない方が交通系電子マネーを持っていません。クレジットカードを持ってない方もいるでしょう。

電子マネーを使うための媒体をそもそも持ってなければ、わざわざ使おうとは思わないでしょう。

 

出典:総務省ホームページ

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd142110.html

 

以上の理由から今回は十分に経済効果が見込めるのではないでしょうか。

20年後になれば電子マネーの媒体をもつ日本人が大多数になっている可能性が高いでしょうから、次の次紙幣が変わる時には経済効果は限定的になるかもしれませんが、今回に関しては十分な経済効果があるのではないでしょうか。

下にリンクを貼っていますが、ATM関連の株式一覧です。

【ATM(現金自動預け払い機)】関連が株式テーマの銘柄一覧 | 株探

 

ATMを製造するメーカーに注目してみるのも面白いかもしれないですね!