”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

大企業、ベンチャー企業どちらも経験してわかった、ベンチャー企業に向いている人

f:id:investor99:20190506100056j:plain



ベンチャーを目指すべきか、大企業を目指すべきか」

これは就職活動している人や転職活動している人の多くの人が悩むことだと思います。

私は新卒で大企業に入り、3年働いた後、小規模のベンチャー企業に転職しました。

大企業とベンチャー企業の両方で働いてわかったのですが、大企業に向いている人、ベンチャー企業に向いている人は結構差があると感じました。

そこで大企業、ベンチャー企業どちらも経験した私が感じた

ベンチャー企業に向いている人についてまとめていきたいと思います。

特に転職を考えている若手社員に参考にしていただきたいと思っています。

ベンチャー企業に向いている人

なんでも自分でやりたい人

f:id:investor99:20190506093039j:plain

なんでも自分でやりたい人はベンチャー企業が向いています。

大企業は従業員数が多いため、よくも悪くも役割分担がはっきりしています。

ベンチャー企業は少人数のところが多いため、当然役割分担はあると思いますが、基本的には多くのことをこなさなければいけません。

大企業ならばいくつかの部署に分かれていることも、ベンチャーならば一人で横断的にこなさなければいけないこともあります。

そのため、1から10まで全部の仕事に携わりたいような人ベンチャー企業が向いています。

もちろん全てのことに携わることは不可能かもしれませんが、少なくとも役割分担がはっきりしてる大企業よりも、いろいろなことを経験できる可能性が高いです。

当然仕事量は多くなるかもしれませんが、その分様々なスキルが身につきます。

メインの業務のことはもちろん、若手のうちから、プロジェクトをまとめるマネジメントだけでなく時には面接官として人事的なことも経験できるかもしれません。

 

自由に働きたい人

f:id:investor99:20190506092646j:plain

自由に働きたい人もベンチャー企業に向いています。

大企業は基本的に上司の承認がないと何もできないため、仕事上での自由度はかなり少ないです。

その点ベンチャー企業の方が自由度は高いです。

何か新しいことをするにもスピーディーに物事に進んでいきます。

音楽を聴きながら、仕事をすることができるところもありますし、いろいろな面で自由度が高いです。

また服装等に関しても、ベンチャー企業の方が自由です。

堅苦しいところは苦手という人にはベンチャー企業の方が合っているかもしれません。 

自分で仕事を作れる人

f:id:investor99:20190506092834j:plain

自分で仕事を作れる人もベンチャー企業に向いています。

大企業のようにマニュアルがしっかりあるわけではないので、自分で色々考えながら仕事をしていかなければいけません。

また仕事も0からスタートすることが多くなります。

そのため、自分で創造したり、アイディアを出したりしなければいけません。

言われたことだけをやるのではなく、自分から能動的に動ける人ベンチャー企業に向いています。

そのため、言われたことだけをやる人や指示待ちの人はベンチャー企業には向いていないと言えます。

 

まとめ

私が大企業、ベンチャー企業両方を経験して、ベンチャー企業に向いている人についてまとめました。

ベンチャー企業に合わないのに入社してしまうと結構苦労します。

そういったミスマッチをしないためにも、転職する場合は転職エージェントを上手に使いましょう。

ベンチャー企業に転職しようかどうか悩んでる方はとりあえず、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、複数のエージェントの意見を聞くのがオススメです。

以下の3つは私がオススメするエージェントです。 

リクルートエージェントは非公開求人も多く、サポート体制がしっかりしており、エージェントから様々なアドバイスをもらうことができます。転職活動するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

→リクルートエージェントに相談してみる

マイナビエージェントは関東地区の求人を網羅しており、20代、30代の転職に強いです。面接対策などのサポートもしっかりしています。

関東在住で20代、30代なら登録しておきたいエージェントです。

→マイナビエージェントに相談してみる

ワークポートは現在は総合型ですが、もともとIT/インターネット専門だったこともあり、IT系には強いです。IT係ベンチャーへの転職を考えてる人は是非登録しましょう。

→ワークポートに相談してみる