”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

初めての転職で失敗しないためにー私の失敗事例を例にどうすべきなの考えてみる

f:id:investor99:20190414114739j:plain

初めての転職って難しいです。

私は3ヶ月前に転職したばかりですが、はっきり言ってこの転職は失敗でした、、

精神的にきつくなり、心身に悪影響が出始めてきているので、悪化する前に、エージェントに相談して次の転職先を探しています。

なんでこうなってしまったか、冷静に考えてみると、明らかに

私の判断ミス

それ以外の何物でもありません。

とはいて、失敗を悔いてばかりいてもしょうがないので、なんで失敗してしまったのか振り返ってみたいと思います。

 

これから転職を考えている人の参考になればと思っています。

 

私が転職失敗した理由

f:id:investor99:20190526102915j:plain

内向的な性格なのに外向的な会社に入ったこと

私が転職活動で失敗してしまった1番の理由は、私自身は超内向的なのに、

外向的な会社

に入ってしまったことです。

私は基本的に会議であまり発言しませんし、積極的にコミュニケーションを取っていくタイプではありません。

しかし、私が転職した会社では極端に言ってしまえば、

「会議で発言しない奴はいる価値ない」

「自分から積極的に仕事を作らなければいけない」

「一人で何個もプロジェクトを抱えて同時並行でやっていく」

以上のような会社です。

私は内向的な性格なので、積極的に発言するというよりは、自分のなかでじっくり吟味してから発言するタイプですし、マルチタスクは苦手で、一つのことをじっくり考えるタイプです。

そのため、会社の社風に全く合いません。

正直、私は「社風が合わないからやめるとか、ただの甘えでしょ」って思ってました。

しかし、いざ自分の立場になって考えてみると社風が合わないのは本当にきついです。

もっと自分の性格とかタイプに会う会社を探すべきでした。

 

転職で叶えたいことを本気で考えてなかった

f:id:investor99:20190509210145j:plain

2つ目の理由は転職で叶えたいことを本気で考えてなかったことです。

当時は年収が上がればどこでもいいか、くらいにしか考えてませんでした。

しかし、いざ考えてみると、私はどちらかといえば、仕事よりもプライベートを優先したいタイプです。

理想を言えば、残業をあまりせずに、有給休暇を取得しやすい会社がベストです。

 そのため、年収も重要ですが、それよりもワークライフバランスを重点に置いた転職活動をすべきでした。

しかし入社した会社はガンガン残業して仕事をしていく会社です。

確かに、前の会社にいたときよりも数百万円年収は増えましたが、残業時間が増えた苦しみが、年収増加のよろこびを消してしまっています。

残業時間の増加が予想以上に私のメンタル面の重荷になっています。

もっと自分の目標を明確にして転職活動をすべきでした。 

 

もっと慎重に転職活動をすべきだった

f:id:investor99:20190526103056j:plain

3つ目の理由は早く転職先を決めて、めんどくさい転職活動を終わらせたいという気持ちが強く、焦って転職活動をやってしまったことです。

内定をもらった時は、内定をいただけて嬉しいという気持ちがあった反面、’この会社本当に自分に合ってるのか?’という気持ちもはっきり言えばありました。

その時に、内定承諾を少し待ってもらって、自分の気持ちに向き合って、考える時間を作ればよかったのだと思いますが、早く終わらせたいがために、承諾してしまいました。

内定をもらった場合は、その会社に決めてる場合でも一呼吸おきましょう。

一呼吸置いて、冷静に考えてから、内定を承諾しましょう。

エージェントにその旨を伝えればうまく調整してくれます。

 

エージェントを有効活用できていなかった

f:id:investor99:20190526102740j:plain

私はエージェントをただの企業との間の調整役としてしか使っていませんでした。

もっと有効活用すべきでした。

転職エージェントは私たちが調査しきれないことも知ってることが多いです。

何か疑問などが合ったらガンガン利用すべきです。

例えば、会社に直接聞きにくいようなこともエージェントを通して質問してもらえたします。

私たちが直接聞きにくいようなことも、エージェントがうまく会社から聞き出してくれるかもしれません。

また、いいエージェントは様々なところにネットワークを持ってたり、いろいろな会社に人材を紹介しているため、企業の本当の勤務時間や、給与の上がりかたなど、いろんな情報を持っています。

エージェントによっては、内定をもらってから、承諾するまでの間に、その会社の社員との飲み会をセッティングしてくれたりして、社員の生の声を聞くことで、その会社の雰囲気がわかるようにしてくれます。

エージェントをいかに有効活用するかも転職活動の肝になります。 

まとめ

私が初めての転職に失敗してしまった感じた、転職を成功させるためのポイントは、

  • 自分の性格をしっかり考える
  • 転職の理由を明確にする
  • 焦らない
  • エージェントを有効活用する

の4点です。

当たり前のことですけど、結構軽視しがちなことかなと思います。

現に私がそうでした、、、、

 

確かに会社に入ってみなければ、わからないこともいっぱいあります。

しかし事前に、ある程度時間をかけて調査すればわかることもあります。

転職は自分の人生を左右する大きな転機になるので、焦らずじっくりやることを強くお勧めします。

 

その上で、様々な情報を得るためにも、エージェントをしっかり活用しましょう。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、複数のエージェントの意見を聞くのがオススメです。

以下の3つは私がオススメするエージェントです。 

リクルートエージェントは非公開求人も多く、サポート体制がしっかりしており、エージェントから様々なアドバイスをもらうことができます。転職活動するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

→リクルートエージェントに相談してみる

マイナビエージェントは関東地区の求人を網羅しており、20代、30代の転職に強いです。面接対策などのサポートもしっかりしています。

関東在住で20代、30代なら登録しておきたいエージェントです。

→マイナビエージェントに相談してみる

ワークポートは現在は総合型ですが、もともとIT/インターネット専門だったこともあり、IT系には強いです。IT係ベンチャーへの転職を考えてる人は是非登録しましょう。

→ワークポートに相談してみる