”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

転職活動を成功させるためにー転職する前に必ず行いたい自己分析

f:id:investor99:20190602193637j:plain

こんにちは!

学生の時、就職活動をする際に自己分析をやった方も多いのではないのでしょうか。

私もやりました。

結構適当ですが笑

自己分析は転職活動を行う際にも絶対にやった方がいいです。

1回社会に出たことで、学生の時には見えなかった様々なことが見えるようになっていると思います。

また色々考えられるようにもなっていると思います。

そこで私が信頼できるエージェントに勧められておこなった自己分析について述べていきます。

行うべき自己分析 

やりたいこと

f:id:investor99:20190608103557j:plain

まずやりたいことを考えましょう。

このご時世、本気で成功しようと思ったら、やはり夢中になれることでないと難しいのではないでしょうか。

嫌々やっても成果は出づらいです。

また最近終身雇用が変わりつつあります。

これからは、この動きがより強くなっていくと考えられています

そうなると会社にしがみつくことは難しくなってきます。

しっかり成果を上げていかなければいけない時代になるので、もしどんどん給与アップとか大きな仕事をやっていきたいのならば自分が本気で取り組める、やりたいことを明確にすべきです。

私がエージェントに言われて印象に残っている言葉があるのですが、

「本当に好きなことなら、残業も何も苦にならない。そういった仕事を探すべきだ」

と言われました。

私はあまり残業はしたくないのですが笑

夢中になれる仕事を探すためにも、やりたいことを明確にしましょう。

できること

f:id:investor99:20190608103801j:plain

新卒と大きく異なるのは、できることは何か考えることです。

やはり中途は新卒と違って成果が求められます。

未経験可の異業種にいったとしても、やはり新卒に比べて短期で結果が求められるでしょう。

そのため自分ができることを考えなければいけません。

異業種にいったとしても、これまで自分が培ってきたスキルは十分に活かせます。

例えばプログラミングや数理的思考、プレゼンスキル、ロジカルシンキングなどは多くの業界で活かすことができる技能やスキルです。

好きなことをすることも重要ですが、自分ができることも考えなければいけません。

自分ができることを明確にした上で、どういった企業を目指すのか明確にしていくことが重要です

 

叶えたいこと

f:id:investor99:20190608104041j:plain

転職を通して自分が変えたいことを明確にしましょう

何なら妥協できるのか、また妥協できないのかはっきりさせましょう。

給料を上げたいのか、ワークライフバランスを充実させたいのか、スキルアップしたいのか、業種を変えたいのか、それによって転職の方向性が大きく異なります。

私はここを明確にせずに転職活動をして失敗しました。

私は基本的に残業したくないのですが、給与が上がるという誘惑に惑わされて残業が多い企業に入ってしまいました。

残業以外にも他の社員と仕事に対する考え方が大きく異なったりして毎日辛い思いをしています。

そういったことをなくすためにも、自分が叶えたいことをはっきりと明確にすべきです。

もし給与とか仕事は重視しないというなら、楽な仕事を探せばいいということになります。

少し探せば、残業がほぼない求人も結構あることがわかると思います。

自分が転職を通して叶えたいことを明確にしましょう。

 

今後のキャリアプラン

f:id:investor99:20190608104429j:plain

今後のキャリアプランを考えましょう。

マネジメントになりたいのか、現場でプレイヤーとして生きていきたいのかで目指す企業は異なります。

企業によって、中途採用社に求めることは異なります。

マネジメントしたいのに、ずっとプレイヤーとして働かなければいけなかったり、逆にプレイヤーでいたいのに、マネジメントが業務の中心になったりすると、大きなストレスになってくるのではないでしょうか。

もしかすると働きながら、考えが変わってくる可能性もありますが、キャリアプランもしっかり考え、それを面接の時にしっかりして企業に伝えましょう。

 

まとめ

私が行った自己分析をまとめました。

はっきり言ってしまえば、当たり前のことだけです。

難しいことをする必要はありません。

しかし結構疎かにしてしまうことでもあります。

自分に素直になって、自分を振り返ってみましょう。

振り返ってさらに何を重視するか決めます。

なんとしても残業したくないなら、好きなことは妥協しなければいけなくなる可能性が高くなります。

私があげた4つのこと全て満たす求人はそう多くないでしょう。

特にどの項目を重視するのかは深く考えなければいけません。

 

また自己分析をするということは、面接対策にそのまま直結します。

自己分析で考えたことを面接のときに相手企業に伝えましょう。

相手に合わせる必要はありません。

合わせた方が面接はうまくいく可能性は高まるかもしれませんが、入った後、苦労する可能性が高まります。

自分の考えを素直に伝えて、その考えに共感してくれる企業に入社しましょう。

その方が入社したあと活躍できる可能性が高まるのではないでしょうか。

もし自己分析が苦手という方はエージェントに相談してみましょう。

しっかり相談にのってくれるエージェントを探して、相談しましょう。

ざっくり方向性を一緒に考えてから細部は自分で決めればそれで十分です。

 

以下の3つは私がオススメするエージェントです。 

リクルートエージェントは、サポート体制がしっかりしており、エージェントから様々なアドバイスをもらうことができます。わからないことがあったら積極的に質問しましょう。転職活動するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

→リクルートエージェントに相談してみる

マイナビエージェントは関東地区の求人を網羅しており、20代、30代の転職に強いです。第2新卒の方などは特に頼りにできるエージェントです。面接対策などのサポートもしっかりしています。

関東在住で20代、30代なら登録しておきたいエージェントです。

→マイナビエージェントに相談してみる

ワークポートは現在は総合型ですが、もともとIT/インターネット専門だったこともあり、IT系には強いです。IT係ベンチャーへの転職を考えてる人は是非登録しましょう。

→ワークポートに相談してみる

 

まずはざっくりでもいいのでエージェントに自分の考えをぶつけてみましょう。

そうすることで、アドバイスなどをもらえたりして、しっかり自分の考えをまとめていけるようになります。