”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

毎日会社が行くのが辛いと感じ得る人へ。毎日辛い中仕事に行って、メニエール病になった私が辛いならやめたほうがいい考える理由。

f:id:investor99:20190417225620j:plain

毎日仕事に行くのが辛いと感じながら仕事に行っている方は多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

私は今年の頭に転職したのですが、その会社の雰囲気とか業務内容になかなか馴染めず、毎日非常に辛い思いをしながら、業務を行っています。

私は、辞めたら周りに迷惑がかかるとか、短期の転職はキャリアを傷つけるとか考えて無理やり会社に行っていました。

時には会社のことが気になって、夜全然眠れない状況で会社に行くこともありました。

そんな状況が続いたある日、寝て起きたら、

あれ、片耳聞こえ辛い、、、、

という状況になってしまいました。

メニエール病を発症したのです。

メニエール病は、聴力が落ちたり、めまいが起きたりする病気です。

一度発症すると、再発を繰り返しやすく、私も何回も再発を繰り返しています。

ひどい時は立っていられなくなるので、会社を休んでいます。

流石にこのままでは、病気も治らないと思い、現在転職活動をしている最中ですが、

この状況になるならもっと早く今の会社を辞めて転職活動をすればよかったと感じています。

その理由を述べていきます。

新卒で入ったばかりだけど合わないと感じている方や、転職直後だけど辛くてもう辞めたいと感じている人に参考にしていただきたいです。

 

 

仕事を辞めてもいい理由

自分が辞めたら職場に迷惑がかかると考えていたが、そうでもないことに気づいた

f:id:investor99:20190526102915j:plain

特に真面目な人が考えてしまうことが、自分が辞めたら周りに迷惑をかけてしまうということです。

私も考えていましたし、そういう人に限って体を壊しやすいみたいです。

しかしこれは考えなくていいです。

自分がいなくても、仕事は回ります。

そんなもんです。

誰かいなくなったら、誰かがカバーします。

私はメニエール病を発症してから、結構頻繁に会社を休んでいるのですが、私がいなくても仕事は回ります。

結局そんなもんです。

特に若手の人は仕事全体のことを考える必要はないです。

誰かがいなくなったら、人繰りをどうするか考えるのはマネジメントの仕事です。

辞めたら周りに迷惑がかかるとは考えなくても大丈夫です。

もし、あなたが休んで仕事が回らなくなったとします。

それだったら尚更やめるべきです。

誰か一人いなくなったくらいで、仕事が止まるようでしたら、明らかに会社に問題があります。

そんな会社は一刻も早くやめるべきです。

仕事を辞めるかどうか考える時は、周りに迷惑をかけるとかの他人のことでなく、自分がどうしたいかで考えましょう。

 

一度体調を崩すと治るのに時間がかかる

f:id:investor99:20190414114739j:plain

私はメニエール病になった後、心理カウンセリングに通っているのですが、その際カウンセラーの方に、

「一度、メンタルを壊すと元に戻るのに時間がかかる。できれば、メンタルが壊れる前に対策を打つべき」

と言われました。

そのカウンセラーの方もうつ病を発症したことがあるらしく、一度発症すると治るまで時間がかかるため、発症する前に対策を打つ重要性を説かれました。

私もメニエール病を発症した後、身をみって痛感しています。

メニエール病は一度治っても、再発することが多く、私も何回も再発しています。

めまいがひどい時は会社を休まなければいけない状況になります。

再発すれば耳鳴りや、聴力の低下、めまいに苦しみます。

また何回も再発すると精神的にしんどくなってきますし、医療費もバカになりません。

やはり、体調を崩してからではなく、体調を壊す前に動くべきです。

確かに、体が悲鳴を上げてから気づくことも多いですが、今自分の体や精神状況がどうか、考えましょう。

短期で転職したことによるキャリアへの影響よりも、体を壊してしまうことのほうがキャリアに与える影響が大きいです。

はっきり言って、体を壊してまで頑張る必要はありません。

健康あってこその仕事です。

生活するために働いているのに、私はいつしか働くために生活している状態になっていました。

休みの日も、仕事のことが常に頭から離れず、全然楽しくありませんでした。

日曜夜のサザエさん症候群はよく耳にしますが、私は土曜の午後くらいからもう辛かったです笑

仕事が生活の中心になってしまい、何のために生きているのかわからない状況になっていました。

今考えると、そうなった時点で、もう辞めるべきだったのかもしれません。

一度体を壊すと、治るまでに時間がかかる可能性が高いということを意識しておくべきでした。

今は完全な売り手市場。転職先は比較的見つけやすい

f:id:investor99:20190508222701j:plain

短期の転職になるため、求人が見つかりにくいかなぁと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

今はどこも人手不足なので、求人はいっぱいあります。

短期の転職だから、不安だったのですが、求人数が多いことを知った後は不安が消えました。

また今は転職エージェントのサービスが充実しています。

悩んでいるなら、とりあえず転職エージェントに相談しましょう。

短期の転職の場合でも、転職理由など一緒に組み立ててくれます。

親身になって、相談に乗ってくますし、いい求人も紹介してくれます。

私が実際に使用しているエージェントサービスを紹介します。

まずはリクナビNEXTです。

→リクナビNEXTに登録してみる

リクナビNEXTに自分の経歴や、希望する求人条件を登録すると、エージェントやスカウトからがスカウトしてくれます。

そこで良さそうなエージェントや企業からスカウトが来たら、積極的にあってみましょう。

 リクルートエージェントは非公開求人も多く、サポート体制がしっかりしており、エージェントから様々なアドバイスをもらうことができます。転職活動するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

→リクルートエージェントに相談してみる

マイナビエージェントは関東地区の求人を網羅しており、20代、30代の転職に強いです。面接対策などのサポートもしっかりしています。

関東在住で20代、30代なら登録しておきたいエージェントです。

→マイナビエージェントに相談してみる

ワークポートは現在は総合型ですが、もともとIT/インターネット専門だったこともあり、IT系には強いです。IT係ベンチャーへの転職を考えてる人は是非登録しましょう。

→ワークポートに相談してみる

まとめ 

毎日辛いと思いながら仕事に行ってたら、メニエール病を発症した私が、本当に辛いなら仕事を辞めるべきだと考える理由を述べました。

やはり一度体調を崩すと、色々考え方が変わりました。

とりあえず言えることは

体を壊してまで頑張ることはない

ということです。

逃げたい時は逃げてもいいと思います。

それで自分の身を守れるならそうすべきです。

でも真面目な人ほど頑張り過ぎちゃいますし、周りに気を使って逃げずにやっちゃうんですよね。

本当に辛かったら、周りのことは一旦忘れて、自分のことだけを考えてみてください。

私の記事が今転職するかどうか悩んでいる人の参考になれば幸いです。