”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

転職で失敗しないためにー転職エージェントは複数活用すべき理由

f:id:investor99:20190526102740j:plain

こんにちは!

転職活動って、どう始めればいいかわからない方が多いのではないでしょうか?

転職はなかなか難しい問題なので、新卒での就職活動と異なり、相談できる方も限られてしまうでしょう。

そこでとりあえず、転職エージェントに登録するという方が多いと思います。

私の経験上、それは間違いではないと思いますが、重要なことは、

複数のエージェントと面談することです。

私の経験も含めて、その理由について述べていきたいと思います。 

私が転職に失敗した大きな理由

ここで少し私の経験を書かせてもらいます。

私の初めての転職は完全に失敗に終わってしまいました。

私が転職に失敗してしまった理由の1つに、

エージェントを活用できなかった

ことがあるといえます。

転職活動自体は、すぐ内定をいただけたので、うまくいったのですが、転職先で全然馴染めず、毎日辛い思いをしています。

私が入社した会社は、社員数は多くない会社です。

結構特徴的な会社ということもあって、社員の入れ替わりは激しいです。

在籍年数が長い人は長くて、短い人は短いという感じです。

つまり合う人は合うし、合わない人は全く合わない会社ということです。

私は全然合いませんでした

そういった会社だと事前に知っていれば、もしかしたら転職はしなかったかもしれません、、、、

改めて思ってるのですが、転職は内定をもらって終わりではなく、転職先でしっかり活躍して初めて成功です。

 

私が初めて転職したときは、エージェントを全然活用できませんでした。

そもそも電話でしか話したことありませんし笑

しかもそのエージェントしか利用していません。

 

実際に心身に影響が出ているため、現在2度目の転職活動をしている最中ですが、今回の転職では複数のエージェントを利用しています。

現時点でエージェントは5、6社くらい面談しました。

私は前回の転職でも複数のエージェントと面談すればよかったと後悔しています。

次に、複数のエージェントと面談すべき理由について述べていきます。

 

エージェントを複数利用すべき理由

f:id:investor99:20190602141140j:plain

様々な角度から情報を取れる

複数のエージェントを使うことによって、いろいろな情報を得ることができます。

エージェントによって得意分野が異なったりしますが、エージェントに伝える条件が同じであれば、当然ですが紹介してくれる求人は似てきます。

完全に同じではありませんが、同じ企業を紹介されることも珍しくありません。

そういったときは色々な情報を得るチャンスです。

転職エージェントは私たちが紹介された企業に入社することで、企業からお金をいただいているので、当然私たちに企業に入って欲しいと思っています。

そのため残業時間など、必ずしも正確な情報を与えてくれるとは限りません。

私たちの企業に対する印象を良くするため、その企業がよく見えるように情報を伝えてくるときがあります。

これはしょうがないことだと思います。

私たちが面接で自分のことをよく見せるのと同じことです。

そのため複数のエージェントから情報を入手しましょう。

もしエージェントによって情報が異なるなら注意が必要です。

反対に複数のエージェントが同じことを言うなら信憑性が高いと言えるでしょう、

私もインターネットからは知りにくいような残業時間や、どういった雰囲気の会社なのかは複数のエージェントから情報を得るようにしました。

エージェントによってどの企業と深く繋がっているかによって情報の濃度は異なりますが、様々な角度から情報を得ることができるので、かなりおススメです。

 

自分に合うエージェントを選べる

f:id:investor99:20190502144409j:plain

エージェントも仕事なので、基本的にお客である私たちに合わせてくれますが、やはり人対人なので、合う合わないがあります。

そのため複数のエージェントにあって、自分に合うエージェントをメインに使うようにしましょう。

私もメインのエージェントとサブのエージェントを使い分けています。

基本的にメインのエージェントを中心に企業を紹介してもらって、サブのエージェントは情報収集で使用しています。

とはいえ全く応募しないと向こうもサポートし辛くなると思うので、少しはサブを利用して受けるようにしています。

転職活動を成功させるためには、エージェントに何回もあって情報を共有しながら進めていくことがいいと思うので、やはり自分に合うエージェントの方が、合わないエージェントを利用するよりも、転職する本人にとってメリットがあると思います。

 

エージェントによってサポートのレベルが異なる

f:id:investor99:20190602142452j:plain

エージェントによってサポートのレベルが大きく異なります。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までしっかりサポートしてくれるエージェントもあれば、単純に求人を紹介するだけのエージェント、数打てば当てるじゃないですけど、ひたすら企業に応募させるようなエージェントもいます。

しっかりサポートしてくれるエージェントを選びましょう!!

志望動機の作り方や、転職理由など色々なことを一緒に考えてくれます。

自分一人で作ると、うまく整理できないこともあります。

そういったときは、エージェントの力を借りて、一つ一つ整理していきましょう。

またエージェントは人によっては、取引先の会社の採用のサポートをしてる場合があり、社員に変わって面接をしてる方もいます。

そういったエージェントからは、採用側からの意見もいただくことができます。

採用側からの意見は本当に貴重です。

転職を成功させるためには、エージェントのサポートがあった方が絶対にいいです。

まとめ

転職活動を成功させるために、複数のエージェントを利用すべき理由についてまとめました。

結構疎かにしがちなことですが、転職活動は内定をもらって成功ではありません。

最初にも書きましたが、転職した会社でしっかり働いて、自分の納得できる転職だったと思って始めて成功です。

エージェントはその成功を収めるためには必要な存在だと思います。

だからこそしっかりエージェントを選ぶべきです。

自分が転職した会社で輝けるような未来を一緒に描けるエージェントを選びましょう。

本当にこれは大事です。

自分のビジョンをしっかり伝えましょう。

エージェントによっては、一緒に考えてくれない人もいます。

しかし、私たちに向き合って本気で考えてくれるエージェントもいます!!!

そういったエージェントと一緒に活動できれば、転職は一気に成功に近づくといっても過言ではありません。

 

私がオススメするのは、大手のリクルートエージェントやマイナビエージェントのような総合エージェントと専門系のエージェントを併用することです。

ここで問題になるのは、専門系のエージェントを自分で探すのは難しいことです。

そこでリクナビNEXTを使いましょう。

→リクナビNEXTに登録してみる

リクナビNEXTに自分の経歴や、希望する求人条件を登録すると、エージェントが向こうからスカウトしてくれます。

そこで良さそうなエージェントからスカウトが来たら、積極的にあってみましょう。

合わなそうなエージェントだったら、使わなければいいだけです。

確かに時間は取られますが、より良い転職を実現させるためにも、積極的に面談することをオススメします。

それに合わせて、大手の総合系のエージェントを使いましょう。

大手は求人数も多く、非公開求人もいっぱい持っています。

以下の3つは私がオススメするエージェントです。 

リクルートエージェントは非公開求人も多く、サポート体制がしっかりしており、エージェントから様々なアドバイスをもらうことができます。転職活動するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

→リクルートエージェントに相談してみる

マイナビエージェントは関東地区の求人を網羅しており、20代、30代の転職に強いです。面接対策などのサポートもしっかりしています。

関東在住で20代、30代なら登録しておきたいエージェントです。

→マイナビエージェントに相談してみる

ワークポートは現在は総合型ですが、もともとIT/インターネット専門だったこともあり、IT系には強いです。IT係ベンチャーへの転職を考えてる人は是非登録しましょう。

→ワークポートに相談してみる

エージェントを有効活用することは、よりよい転職につながると断言できます。

めんどくさがらず、色々なエージェントに会ってみましょう。

もしかしたら、思いがけない発見があるかもしれません。

私の記事が、実りのある転職活動につながれば幸いです。