”人生をいかに楽しむか”を考えるサラリーマンの日記

20代のうちに転職し、大企業、ベンチャー企業どちらも経験してキャリアについて考えたことなどを書いていきます。

入社して1年経っていなくても、迷っているなら転職活動するべき理由

f:id:investor99:20190502143936j:plain

こんにちは! いんべすです。

「入社して1年経ってないけど、会社を辞めたい」

そう考える新入社員も多いのではないでしょうか。

誰しも考えることではありますが、もしそのことで毎日悩んでるようなら、

転職活動をする

ことをお勧めします。

実際に転職しろと言っているわけではありません。

転職するかどうかは実際に活動をしてから決めればいいのです。

面接に合格して、内定をもらったとしても、今の会社の方がいいと思うならば、辞退すればいいだけです。

 

私は新卒で入社した会社を3年で辞めて転職しましたが、実は1年目の終わりくらいに転職活動をしました。

私が当時会社を辞めたいと思った理由は、私の教育担当の先輩が転職したことでした。

次の教育担当者と合わず、毎日会社に行くのが辛くなってしまいました。

そうなってしまうと、毎日会社を辞めたいとばかり考えるようになりました。

 

しかし転職エージェントに相談し、実際に中途採用の面接を受けることで、今転職すべきかどうか客観的に考えることができるようになりました。

 

私の経験を踏まえて、転職活動をしてみて感じたメリットを挙げたいと思います。

 

 

転職活動を勧める理由

f:id:investor99:20190502144409j:plain


転職すべきかどうか冷静に考えられるようになる

私が一番感じたことは、転職活動を実際にすることで冷静に考えられるようになったことです。

 

今考えると、転職活動をする前は辞めたいという気持ちが先行してしまい、冷静に考えることができなくなっていました。 

 

転職エージェントと相談して求人を紹介してもらったのですが、自分が希望する条件を満たす求人がほとんどありませんでした。

とりあえず1件だけ応募して、面接を受けたのですが、向こうの会社の要望に合わずに面接は落ちてしまいました。

私はそこで冷静に考えられるようになりました。

当たり前ですが、実績もない状態で転職するわけなので、新卒で入った会社よりも待遇が落ちる可能性は高くなります。

私は人間関係で悩んではいたものの、仕事内容は好きでしたし、合わない先輩もいましたが、仲のいい同期や先輩もいました。

また私の場合は転職エージェントにも現状等を報告して、最終的には残る方がいいんじゃないかとアドバイスもいただきました。

実際に行動に移して、第3者の方の意見を聞くことで、冷静に判断できるようになりました。

 

同業他社、異業種の情報を知れる

転職エージェントは当然ですが、様々な会社と付き合いがあるため、いろいろな情報を持っています。

同業他社の給与水準や業界動向、異業種の求人情報など様々な情報を提供してくれます。

このような情報はなかなか手に入らないので、同業他社や異業種の情報を知ることができることもメリットの一つです。

 

まとめ

もし転職しようかどうか迷っているなら転職活動をすることをお勧めします。

転職活動をしてみて、気持ちが変わらないようならば、転職すればいいと思います。

実際に転職活動は、

  • エージェントと相談
  • 履歴書、職務経歴書の作成
  • 求人に応募
  • 面接

という流れで進んでいきます。

面接は3、4回ありますし、仕事しながら面接を受けにいくので、頻繁には受けれません。

働きながら転職活動するなら、短くても2ヶ月、長い場合は半年から1年かかることもあります。

その間にじっくり考えればいいのです。

世間的には「石の上にも三年」でもないですけど、新卒で入った会社は3年は頑張るという風潮もありますが、もはや気にしなくてもいいと思います。

本当に辛いなら、今すぐにでも始めましょう。

昔に比べると、転職も一般的になってきています。

また転職エージェントには無料で相談できるので、悩んでいるなら相談してみましょう。

 

とりあえず相談してみようというなら、大手のリクルートエージェントやマイナビエージェント、ワークポートがオススメです。

求人数も多く、様々な業種に対応してくれます。